BPL Inc.
〒733-0833
広島県広島市西区商工センター2丁目15−1 6F

BPLレポート

Report

ファンを増やすための対策を検討する!庄原市 視察ツアー実施

2022.11.13
川本真督
ファンづくり

現在、株式会社BPLでは「庄原ファンクラブ」という庄原市の事業を受託させていただいており、その第一回目のワークショップの開催に合わせて庄原市内を視察させていただきました。

今回は特別講師として、兵庫県神戸市の「デザイン・クリエイティブセンター神戸(愛称:KIITO/キイト)」のセンター長を務めておられる、永田宏和さんをお呼びしました。

瀬戸内古民家ステイズ『長者屋』

視察初日は、永田さんや庄原市のご担当者の方とともに、庄原市内を巡りました。 まず訪れたのは、「瀬戸内古民家ステイズ」のうちの一つ『長者屋』。

茅葺き屋根の古民家をリノベーションしたモダンな建物を、一棟貸しで満喫できるスタイルで、家族や友人同士で訪れてゆっくり過ごすには最高なお宿でした。

その後、近くにある「三河内棚田テラス」へ。ここでは美しい里山の風景を一望でき、この日は晴れていたので特に素晴らしい風景を見る事ができました。目の前に広がる棚田は、どの時期も美しいですが、特に田に水を張る田植えの時期や、稲刈り前の稲が黄金色になる時期は素晴らしい景色とのことです。

市民 保有率9割 電子マネー「なみか・ほろか」

庄原市は市民保有率9割の電子マネー、「なみか・ほろか」があります。高い保有率があるからこそ、市内でも使える店舗が沢山あります。庄原市では、キャッシュレス決済推進協議会が立ち上がり、しっかりと対策をしていました。このカードを軸に、庄原ファンを増やす対策も模索しています。カードの利用方法など、ヒアリングさせていただきました。

庄原市内在住の方々と一緒に行うワークショップの第一回を開催

今回は初回ということで、前半は講師の永田さんにKIITOや全国での地域づくり事例をご説明いただきました。

導入に話された地域づくりの考え方や、どんな特徴がある地域ではどんなことをやってきたか、という実際の事例紹介に至るまで、庄原市内にお住まいの参加者の方も熱心にメモを取られるなど、学びも多かった様子でした。

この庄原ファンクラブ事業とは、端的に言いますと、庄原の魅力を深堀してファンを作る、というもの。

観光的な側面だけでなく、庄原市内の人にも自分達の住む地域の魅力に気づいてもらうことで、中から庄原市を盛り上げていく、というものです。

10月から始まり、2023年2月まで毎月庄原でワークショップを行なって魅力を掘り起こしていきます。

実際に地元の方とともにワークを行うと、「庄原にはこんなにいいところがあるんだ」と、みなさんがたくさん魅力を教えてくださいました。中でも多かったのは、「お米が美味しい」「漬物が名物」など特産品に関する意見。それぞれの思いをベースに、やりたいことを考える時間はとても盛り上がりました。

国営備北丘陵公園 グランピングサイト

2日目は、「国営備北丘陵公園」で、今年3月から新たに始まったグランピング施設を見学。

お部屋は冷暖房完備だけでなく、BBQも楽しめる設備が各棟に隣接していて、お風呂やキッチンなども綺麗。とても快適に過ごせそうでした。園内でイルミネーションを楽しんだ後に、そのままグランピングをすることもできるので新たな冬の楽しみ方ができそうです。

おまけ

この視察は、社員研修も兼ねており、みんなでたくさん庄原の美味しいものをいただきました。初日に訪れたお寿司屋さんも、道の駅のおにぎりも、2日目に訪れたお好み焼き屋さんも、とっても美味しかったです♪庄原のみなさん、ありがとうございました!

川本真督

株式会社BPL代表取締役、2022年より地域力創造アドバイザー(総務省)。

Contact us